2016年6月12日日曜日

ワカサカップ5 5000mTT

天気は良い!のですが風が強いです.
何も考えずにつけっぱなしのディスクホイールで来てしまいました.横風で相当あおられます.

いつものように集まって,詳しい説明もないまま始まるのがワカサカップですが,いつのまにかUターンする決まりになっていました.
全然5000mじゃありません.しかも,Uターン地点の監督がどこにいるのかもわからないので,何Km走るのかわからない,ミステリーツアーのようなTTです.

コウヘイくんのスタート前に,スタート時間の時計が風であおられて倒れるハプニング.

社長に支えてもらって,スタート.
往路は向かい風が半端ないです.30㎞だすのがやっと.最初頑張ってみましたが,こりゃもたないと悟って,張り切りすぎないように進みます.
ギアは,ちょっとした登りでアウターローです.フロントはインナーにした方が良いのかもしれませんが,チェーンはずれたら怖いので.
超苦手なコーナリングのUターンして,待ちに待った追い風,下り基調の復路.
50㎞オーバー出たこともありました.大体は47㎞くらい.
ゴール後は気管支が苦しい感じでした.イガイガするような.

復路でバンチョウがゆったりと走っていて,足でもつったのかと思ったら,往路だけだと思っていたらしいです.ワカサカップは油断がなりませんね.

結果は13分ちょっとで,ありがたくも1位でした.
風がほぼ進行方向だったので,ディスクホイールが幸いしたようです.

ハヤシさん,動画ありがとうございます.
写真はモンターニュから

2016年5月30日月曜日

ワカサカップ4 当別-浜益ロード

伝統のロードレースです.
初めて出たときは,けんじろうさんの奥様に「無理して引かなくてもいいのに」というお言葉をいただいたのが懐かしいです.

スタート地点が霧が立ちこめていて寒い!けど,晴れると信じて半袖・短パンに.
体育館から出発して,どこがスタートかわからないままとにかく進みます.業を煮やしたキクチさんが「始めるぞ!とか,なんとか」でレースっぽい感じに.
ディープリムホイールに替えたら,マグネットの位置が合わなくて,メーターに距離もスピードも出ないという大失態.
ここ何年もこのロードレースにでていないので,距離感もありません.
とか思っているうちに,第一ポイントらしき場所.社長と監督が手を回して叫んでいますが,まったく聞こえません.ともあれダッシュ・・・しかし,ヤマダさんに頭を取られてしまいました,さすが.
第二ポイントでイリエさんについていったら,後ろが千切れたようでした.そのまま,イリエ列車につれてってもらうことにします.
ちょっとしたのぼりでイリエさんにつくのが大変.イリエさんを抜くくらいの気持ちで加速して,ちょうどよく後ろについている感じです.
第三ポイントは,相変わらずの急勾配の青山ダム.昔,ヤチさんが対向車線を走っていったとか,キクチさんやけんじろうさんにおいてかれたとか,色々ありました.
ここでイリエさんに別れを告げて,告げられて,あとは一人旅.TTモードで走ります.向かい風です.

ロードレースで千切れて一人旅になった経験は,数知れませんといばってもなんですが.

後ろは全然見えないので,このまま登って降りたら2位かななんて.
突き当たりを左に曲がって,急勾配をのぼっていたら,「ちりーん,ちりーん」と近づく音が.さっきまで誰もいなかったはずなのに,リアル坂道君のコウヘイくんがいるではありませんか.
つぎのポイントに備えて,少し足を緩めましたが,なぜかコウヘイ君が前に出ることはありません.
頂上の第四ポイントも抜かれることなく通過.
下りでコウヘイくんはいなくなったので,足でもつったのかと思ったら,高校生ギアなので下りは回転が追いつかないそうです.
かわって出てきたのがLOOKのフレームがかっこいいウスイさん.
たしかレースの経験がないってどこかに書いてあったし,とうぜんこのレースは初めてだろうし・・・ここはひとつ利用させてもらいましょう.

ゴールまでまだ距離があるので,二人で回りながら走ります.ウスイさんは,一所懸命に走ってくれます.
ゴールに立っている社長が見えました.じっくり引きつけて,スプリントしたら右の大腿四頭筋がつって膝を曲げられなくなりましたが,先にゴールに入れました.

すぐ後ろにカントクに率いられた集団が来ていたので,危ないところでした?

カントクは,そういえば初めはいなかったような?
この独特の動きで集団を連れてきていたので,ワカサカップは油断ができません.

天気が良くて気持ちいい-!
帰り道はいつもものすごい風で,ヨネタさんとヤマダさんと一緒に帰ってひどいめにあって,あげくに千切れたかなしい思い出を思い出すし,仕事もあるので,今回は社長の車に乗せてもらって帰りました.


新品ポンプ

職場で長いことつかっていたGIYOのフロアポンプが壊れました.突然引けなくなって,そのまま動かなくなりました.
なので新しいものを買い求めました.

「社長,これいくらくらい?」
「3~4000円くらいだよ」
「じゃあ,これをもらいます!」

帰ってから値札を観たら4900円でした.約・・で言うと5000円ですね.

社長の帳簿には3~4000円と記載されていることを望みます.

5/31追記:このポンプいいです.軽い力ですかすか空気が入ります.

2016年5月22日日曜日

ワカサカップ3 定山渓朝里峠ロード

「集合時間に遅れます」と社長に電話もしたら「オレも遅れるよ」というお返事でした.
天気は快晴,暑くなりそうです.

いつものようにスタート.先頭をひくU田さんがアタック気味に飛び出して第一ポイントの上り坂へ.
一度は抜いたU田さんに抜きかえされて2位.でもポイントゲットできて,一安心.
集団でトンネル・平地気味区間をすすみます.
社長が立っているところに向かってU田さんがアタックしたので,つられてもがいてみましたが,どうやらポイントじゃ無かったようです.第二ポイントもU田さんに次いで2位.
そこから登りがきつくなるから,まぁ,ヒルクライムのつもりで.
なんとか先頭集団のけっつについていきましたが,勾配がきつくなるところでI江さんのアタック!さようならと見送るしかありません.
国際スキー場の入り口に社長が立っていて,もしかして,今年はここでおしまい?と,しなくていい期待をして,みごとにはずれて,最後の登りにむかいます.もうI江さんとY田さんははるかむこうです.U田さんが徐々に近づいてきてくれます.
覆道ぬけて,一つ手前の坂でダッシュして売り切れてしまい,せっかく抜いたU田さんに,本当のゴール前で刺されてしまいました.
最後の最後まで楽しんでしまいました.
おそらく4位でしょう.
ゴール付近はブヨの大量発生でとても長居できず,下るときにシャツの隙間からブヨが飛び込んできて,胸のあたりを刺された模様です.
公式ホームページ
追記:ブヨに両足あわせて5~6箇所刺されてました.すごく痒いです.

さらに追記:けんじろうさんのモンターニュによると第二ポイントは3位だったそうです.
ちなみにWAKASA CUPの 皆勤賞は目標ですが,BAKASAチャンピオンまでは恐れ多くて.

もう一言:定山渓-朝里のポイントですが,各中間ポイントとゴールポイントが同じなんですね.

写真はWAKASA公式ホームページより

動画はモンターニュにあります.

2016年5月15日日曜日

ワカサカップ1&2

天候不順でのびのびになっていたワカサカップが始まりました。
まずは手稲山ヒルクライム。6時半集合。
手稲山なんて、昨年のワカサカップ第1戦以来,一回も登ってません。峠と名のつくところは小林も幌見も登ってません.言い訳です.
「追い風だから」という監督のお言葉に励まされて、スタート!
高速道路をくぐったところで早速向かい風を感じます。つらいつらいつらいつらい。あーつらい。
中川さんが見えるけど追いつけない。小山田さんに異次元の速さでぶち抜かれます。
つらいつらいつらいけど、ちょうどいい感じに前方に森田先生JUNIORが見えて、まるで坂道君が引いてくれているような、ヒーメヒメヒメ的な感じです。
ゴール前も向かい風で,下ハンもってゴール.30分30秒。意外とものすごくいいタイムでした。この30秒が切れないんですよ。練習してもしなくても一緒なんですって,昨年も書いてました.
ブログ もんたーにゅより

石狩に移動して2戦目。TTマシン&コスプレ(エアロメット,ワンピース,シューズカバー)は私のみ。
追い風気味の斜めの風で、1000mがつらいつらいつらい。けど、よく走れた感じです。ヒルクライムの後なので、足がぴくぴくとつりかけてた感じです。

昨夜寝る前と今朝、早起きして準備するときは、走るつらさに耐える自信が無くて非常にネガティブな気持ちでしたが、走り終えるととっても楽しかったです。楽しいなぁ、自転車。みんなで走るとよりより楽しいです。
今日は風が強いけど天気が良かったので、帰り道に沢山のサイクリストを見ました。一人・ふたりで走っている人たちを見ると、それもいいけど、ワカサカップの楽しさをより感じるのでした。

公式ホームページ


公式ホームページより

2015年11月26日木曜日

今シーズン,初スパイク出勤

今朝,この冬で初のスパイク出勤をしました.

例年なら,ちょっと雪が降ったり,先に路面が凍って,それほど困難でない状況でスパイク出勤して,体と心を徐々に冬モードになります.
しかし,今年は,前日までのドライ路面からいきなりのどか雪で,心の準備ができてなくて,例年よりおそるおそるでした.

ほぼ車道でしたが,ドライバーの方々は親切で,鳴らされることはありませんでした.
路面は砂漠状の雪の下に凸凹の凍結路面で,ちょっと危ない感じです.

2015年11月20日金曜日

ツール・ド・おきなわ 本島一周サイクリング 翌日

月曜日  13:30発の飛行機まで,もうひとっ走りしてきます.

札幌より1時間遅いAM6時半頃の夜明け.明るくなってからホテルを出発.
どうしても行きたかったところ,火野正平さんが「にっぽん縦断こころ旅」で,とても気に入っていた垣花樋川(かきのはなひーじゃー)へ.
南部へ向かう小高いところからみた那覇市
南部地方は初めて行きます.
土地勘・距離感が無いし,ナビもないので,地図を見て路線を確認しながら慎重に進みます.
県道48号線を通って海に出て,東へ.

7時20分頃,既に沖縄の小学生は登校中ですが,なぜかとてもだるそうに歩いています.暑いから?

垣花樋川の看板を見つけ国道331号線を左折.うねうね登りながら細い道を行き,不安になったので,路上にいたおまわりさんに道を確認したら,とても親切に教えてくれました.

テレビで見たとおりの垣花樋川の入り口に到着.
黒猫の子猫ちゃんがいました.
100mほどの石段を降りて行くのですが,社長の言うとおり,SPDにしておいて良かったです.この石段はSPD-SLでは,危なくてまず下れなかったでしょう.自走で観光するならSPDですね.
急斜面です.ここを水くみに登ったそうです.途中で休んでこしかける石もあります.

なんともこころが落ち着く空間でした,垣花樋川.
水の流れる音があちこちから聞こえてきて,心地良すぎです.
video

時間に余裕がありそうなので,ひめゆりの塔にも行ってみましょう.
国道331号線を西へ.
ごくごく緩やかなアップダウンです.なだらかな地形がいかにも,塹壕がありそうで,戦地であった感じがして,その中を走るのは,何とも言えない気持ちでした.
糸満市 国道331号線から東側の海を臨む

ひめゆりの塔を見学.この洞穴の中で・・・・
ちょうど資料館が開館した時間でしたが,見学する時間はありませんでした.又の機会に,是非.
周辺にお土産屋さんや食堂が展開しているのが,少し違和感でした.

このあたりの道路で何人かのサイクリストとすれ違いました.

糸満市から北上して那覇市内に向かいます.

と,沖縄で2回目の後輪パンク.
タイヤに刺さった物は見つからないので,やっぱり沖縄の舗装道路はサンゴが混ざっていて,タイヤに厳しいのでしょうか.
やはり旅先では時間に余裕を持たせるのが大事ですね.チューブを2本持ってきていて良かったです.チューブ交換して再出発!
バイパスでは自転車・歩行者専用道でした.

空港近くでかなりの交通量でしたが,沖縄のドライバーは優しかったです.
ホテルについて,沖縄「ほぼ一周」完了.

空港まで自走にするか,ゆいレールにするかが最後の悩みどころ.
直前のパンクで不吉な気分がしていたので,ゆいレールに決定.バーコードの切符で乗ってみたかったというのも大きかったですが.
着替えて,ゆいレールの旭橋駅で自転車を畳んで,輪行袋に収納.
往路では,機内でサイコンがはずれて落ちてしまって,後で係の人が届けてくれたので,今度はしっかり外しておきます.


生まれて初めてのゆいレール.思ったよりスピーディで,高いところを走るので景色が良くて楽しいです.意外と混んでました.
ゆいレール社内からの景色

空港ではツール・ド・おきなわ の人たちで自転車を預けるところが混雑していましたが,予定より早めに行動できていたので慌てずに済みました.カウンターの中では,自転車だらけで,ANAの係員が大変そうでした.

自転車を預けて,空港内のお店でお土産を買いまくり.
サンクスで売っていたポークおにぎりが美味しかったです.

3時間くらいのフライトで極寒の千歳に到着.
千歳空港では,自転車がベルトコンベに乗って普通の荷物と並んで出てきました.

リアディレーラー周りを確認すると,エンド金具が外れてしまっておりました.
沖縄のホテルで同室者の方が,走行中にディレーラーハンガーが曲がって壊れた,という話を聞いていたので,もしかして搬送中にリアディレーラーが壊れたかと非常に不安になりましたが,後日社長に見てもらって問題ありませんでした.
あんなひらひらの輪行袋でもANAは大丈夫でした.すごい!感謝!!
モンベル コンパクトリンコウバッグは,こんなにペラペラ
でも,自転車は無事にもどってきました.

今回の沖縄では,自動車に全く乗らずに,自転車・バス・モノレールで,すべての移動ができました.
サイクリングでは行かなかった南部も走れて,3日間で本島を「ほぼ一周」できました.

ひたすら道路を走っただけで,観光地はひめゆりの塔と垣花樋川のみでしたが,十分過ぎるくらいに沖縄を堪能できました.こういう旅行はやみつきになりそうです.
3日目の南部ルート
3日間で,南部を含めて本島をほぼ一周
自走での旅は初めてで,出発前は不安だらけでしたが,結果的にはほぼうまくいきました.
天気・体調が崩れなかったのもラッキーでした.

レースもいいですが,集団内で怒鳴られることもないし.より長い距離を走れて,美味しいものを食べられて,それなりにつらい思いができて,充分な自己満足にも浸れて,くまなく観光できる・・・サイクリングは楽しかったです.